忍者ブログ
鉄道&旅行系同人サークル『快速あさぎり』代表・天ヶ瀬さくらが気ままな日々を綴ってみたブログ。
Admin / Write / Res
<< 06   2017/07   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31     08 >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今、TBSチャンネル(CS)で『けいおん!!』(第2期/全24話+番外編3本)の一挙放送をやってた。
……正確には、書き始めの時点で21話以降+番外編が残ってるから、現在進行形なんだけど。

その第2期のうち、放課後ティータイム最後の学園祭ライブの話である第20話『またまた学園祭!』は、何度見ても色々と思う所がある。そして、最終的には悔しさがどうしても出てきてしまう。

自分の経験してきた学園祭は、どうだっただろうか?


ある時はヤラセのネタに使われ、ある時もまたヤラセのネタに使われ、二回目は流石にキレて“本来の生徒会役員の仕事しか”着手しない事態を引き起こしてみたし、ある時は別件に協力してくれた委員会があったから全面協力したらクラスの連中に全否定されたり……「散々」以外にどう表現しようがあろうか、ってくらい酷かった。良い思い出なんて見つける方が、正直パズルの欠けたピースをヘリコプターで探すくらい無理無茶無謀な話って塩梅で。

大学に進学してからは、どういう訳かそんな嫌な事を振り切ろうと無茶してた1年、“距離の壁”に直面して全然マトモな事が出来なかった2年、法事と被って参加すらできなかった3年……と、4年生(1回目)になるまで、これまた良い思い出の無い学祭になってしまった。
4年生の1回目の時は、ゼミの企画で初コスプレ(忍者)を相当ノリノリでやってみて、女装男装コンテストの参加者に真っ向から対抗し“真のコスプレ”の真髄を見せつけてみた。

ところが、2回目の4年生の時はこの女装男装コンテストに参加する羽目になった……のに、その流れを作った連中が完全丸投げという状態になりやがった。で、ここでさくらさんはキレて(実際激怒してた)この大学サークルでの参戦を急きょ個人での参戦へ切り替え、4人体制だった当時の『快速あさぎり』を緊急招集。流石に大学イベントだったのでコンテストへは形式上個人参加だったけど実はあさぎりの初活動として、このサークルで参戦したと言っても過言ではない状態で当日ステージに立ってみた。

コンテストの結果には箸にも棒にも掛からなかったものの、この2年連続で“真のコスプレ”の真髄(今回は女装コスVer.だけど)で真っ向勝負したスタイルは、コスプレに詳しいらしい人や県人会などで出店をやってたりした中高年の方々には結構評判が良く、後々コミックマーケットやE.R.G Night('10 Dec.~Last)での“赤メイド服の女装コス”という、通称『“おーじ”スタイル/正装弐式』に繋がるきっかけとしては良い方向ではあった。
しかし、学祭自体という観点から行くと、大学サークルでメンバーから無責任に引きずり込まれた挙句丸投げを食らって……という流れを思うと、後味の非常に悪いモノだった事は言うまでも無い。それこそ、重要性が

同人サークル>>大学サークル

だったんだという事を明確にするきっかけにもなったくらい。





って、こう振り返ってみると、この通りロクな事が起こった試しのあまり無いイベントだったって事しか思い出せない現実。
そんな身で、あの学園祭ライブとその後の出来事を思うと……

U&Iよりも、4人の想いよりも、自分自身の過去に涙を流すことになるんだよね。

当然、悔し涙をさ。

拍手[0回]

PR
現在、同人関係全般にて“七瀬悠樹”から“天ヶ瀬さくら”への移管作業を進めています。

これはなんというか……さくらの方が扱いやすいっていうのもあるし(それこそ、ケース次第で「天ヶ瀬」を削ってみれば、初見さんでも読みやすくかつ呼びやすくなるし)、現状ネット環境ではほとんどさくらの方を使ってるし。

かといって七瀬の方を使わなくなったって訳じゃない。何か後々に残る可能性のあるケース、つまり投稿とかそういう場面で七瀬の方を使っていこうかと考えていたり。



でも、ひとまず、同人関係の方は“天ヶ瀬さくら”(もしくは“天ヶ瀬“おーじ”さくら”)で活動していくつもりです。

拍手[0回]

左側、主にバナー周辺のところ。
はつドラ合同バナーキャンペーンのを新たに追加して、いくつか発売済作品とかのを削除して、でもひなたは本気でLOVEだからそのままww
日本酒も好きだから萌酒のも残してww

あとは、プロフィールの部分もそれなりに弄ってあったり。
あ、ニコ生明日やるので、よかったらぜひ~

拍手[0回]

先日、主要鉄道各社が続々と来春(3月)のダイヤ改正について、第一報のリリースを発表した。

その中で特に注目されたのは、


・急行『きたぐに』(大阪~新潟/夜行)と寝台特急『日本海』(大阪~青森)の廃止
(今後は季節列車として運転?)

・新幹線、100系と300系が引退へ


この2つはマスコミでも報道されたようだ。


……けれど、実はとんでもない事態になっていたようで。


<小田急(&JR東海)>
・特急『あさぎり』運転区間(御殿場~沼津間を取りやめへ)と本数(平日1往復削減)を見直しへ
・そして371系の定期運用離脱とRSEの引退(後任は小田急がMSEで統一へ)
・さらにHiSEも引退

<JR東日本>
・朝のMaxとき300号・302号をE1系からE4系へ




……と、これはかなり部分的な抜粋でしかないけれど、実はこれだけでも自分にとっては大事件な訳で。



愛着を持った車両はもうじき全部引退?



正直、いつの間に自分がフラグメーカーになったんだろう、と心から思っている。
なんたって、これまでの実績が


・幼なじみのような京急1000形(先代)
⇒全車引退済み
 但し、ことでんでは絶賛大活躍中

・新幹線は100系世代
⇒3月改正で引退へ(前述)
 2階建てグリーンなんて存在知らない鉄道少年が多くなってきたくらい

・400系には愛着あった
⇒全車引退済み

・E1系はもはや嫁同然
⇒近々全車引退予定(公式発表済)
 しかも3月改正で減便へ

・500系はマジで惚れた
⇒全車『のぞみ』から撤退、8両化して『こだま』へ

・113系って思い出深い
⇒JR東日本からは引退済み
 しかも3月改正でJR宝塚線からも撤退

・201系にはほろ苦い思い出が
⇒JR東日本からは引退済み

・初めて乗ったロマンスカーはRSEあさぎり
⇒3月改正で(ry
 あさぎり自体もテコ入れ

・でも何気にロマンスカーはHiSE世代
⇒3月改(ry

・乗った事無いけど371系は何故か好き
⇒3月改正で定期運用から離脱、団臨用へ

・583系は密かな憧れ、寝台車は本当に憧れだった
⇒3月改正で定期運用から離脱、臨時列車運用もどうなることやら
(常磐線特急にE657系投入開始で余剰になる651系・E653系の行方が見えないから、ますます不透明)

・681系の旅は思い出深くて楽しかった
⇒北陸新幹線開業による『はくたか』廃止は回避不能か?

・手元のNゲージでエース級の『ゆとり(元サロンエクスプレス東京)』
⇒買った時点で引退&廃車していた模様

・やっぱり思い出深い255系
⇒廃車の影は見えずとも、着実に房総・総武方面特急の減便や短編成化(=E257-500に変更)が進行している気配はあり



正直、今のところフラグ回収の気配が無いのが

・E351系&E257系(まだまだ、中央東線特急はエースコンビでいられそう)

・同500番台(0番台兄さんと合わせて最大勢力……だけど一番の天敵の減便がどうなるか。それと、255系のフラグ回収要因になりかねない危険性はある)

・E217系(但し、また逗子~久里浜間が減るらしい)

・キハ187系(“短編成故の柔軟さ”と“高速で快速(NOT種別)の足回り”では189系に負けてないから安泰?)

・キハ110系(暫くは東北非電化線のエースか?)


……くらいなんだから。
なんつーか、自分自身をフラグメーカーだと疑いたくなる。マジで。



最も、一番動きの激しいのが、来春改正の時なんだけどね

拍手[0回]

……今回は我が地元の、ちょっとしたお話。


 仁和寺にある法師、年寄るまで石清水を拝まざりければ、心うく覚えて、ある時思ひ立ちて、たゞひとり、徒歩より詣でけり。極楽寺・高良などを拝みて、かばかりと心得て帰りにけり。
 さて、かたへの人にあひて、「年比思ひつること、果し侍りぬ。聞きしにも過ぎて尊くこそおはしけれ。そも、参りたる人ごとに山へ登りしは、何事かありけん、ゆかしかりしかど、神へ参るこそ本意なれと思ひて、山までは見ず」とぞ言ひける。
 少しのことにも、先達はあらまほしき事なり。


吉田兼好の記した『徒然草』の中でも有名な「仁和寺にある法師」(第52段)のお話です。
突然、古典を引っ張ってきて何が言いたいかと言いますと……



回らずして聖地巡礼語るなかれ



正直、『たまゆら~hitotose~』の第一話で横須賀が出てきてその聖地巡礼と称する人たちが大勢押し寄せてくるらしいのですが、どうやら多くが汐入駅で折り返すんだとか。そういう話を聞いて真っ先に思い出したのが、極楽寺や高良殿などを見るだけ見て、本殿に上らず帰って行ってしまった仁和寺の法師のお話だった、だから↑があるんです。

もったいない。あまりにもったいな過ぎる。地元民からしてみても、もう少しあちこち回れなかったのだろうかと苦言を呈したい。だって、範囲狭すぎるもん。
それも、一回りすれば約1時間、長くても2時間でスタート地点に戻って来れそうな計算の範囲なのに……なんて思ってみたり。

それとも、グッズだけで満足とか?――ならコミケで十分じゃん。

たまゆら自体好きだし、地元として期待も高かっただけに、何かその辺に関して言えば残念かなって気がする。
この作品そのものは、間違いなく好きだよ。ただ、こういう人たちがね……
(まぁ、プラスして言えば、そういう人って関東圏内の人が多いのかな?県外から来るのであれば、是非たまゆらにこだわらず他にも見所が多いので、ゆっくり回っていってもらいたい土地ですよ)




ところが、まぁ……

どうもたまゆら絡みで来る人たちには、コラボメニューで一番手頃な値段っていうのもあるのかもしれないけれど、チーズケーキが一番ウケが良いみたい。何より、一話で食べてたしね、チェリーソースのかかったチーズケーキ!
チーズケーキ好きである自分が実はまだ食べたことないという残念仕様なんだけど、横須賀で現在プッシュしているチーズケーキは米海軍直伝のニューヨーク式。横須賀のご当地メニュー第三弾にして、米海軍直伝レシピシリーズの第二弾。三種の中で一番人気あるみたいよ。
この他、横須賀海軍カレーはチェーン店であるココイチでもオリジナル仕様の限定メニューが出てる(汐入駅付近にある店舗ではたまゆらコラボ仕様になってる)し、ネイビーバーガーは一品入魂のお店揃い。是非食べていって欲しい。


よく話を聞いていると、聖地巡礼の時はグッズ方面にはお金掛けるけど、食事はありきたりのチェーン店っていう人が多いみたい。
なんか寂しくない?せっかくなら、その土地ならではのモノがいいよね。
残念法師(前述の仁和寺の法師。勝手に命名した)みたいにならないよう、少なくとも自分自身はそれを心がけようと思っている。



◇そんなこんなで、横須賀“聖地巡礼だけじゃ終わらせない”散策本、制作開始。冬コミには間に合わないけれど、来春辺りのイベントで『快速あさぎり』より頒布予定。

拍手[0回]

プロフィール
HN:
天ヶ瀬“おーじ”さくら
年齢:
30
性別:
男性
誕生日:
1986/11/27
職業:
サークル『桜坂堂』当主(代表)
趣味:
散策、国内旅、ギャルゲー
自己紹介:
(天ヶ瀬“おーじ”さくら)
楽しいこと弾けられることが特に大好きな人。
一度勢いに乗ると、なかなか止められない。手懐けるのは難しいかも?
ニコ生『天ヶ瀬さくらの宵酒百花繚乱』は、どうやらこのテンションでお送りしている模様。


(天ヶ瀬さくら)
“おーじ”の有無だけの違いのようだが、その実似て非なる存在。
鉄道&旅行系サークル『快速あさぎり』で名前を見かけるようだが、最近創作の領域にまで展開中の様子。


『天ヶ瀬さくらの宵酒百花繚乱』
「よいざけひゃっかりょうらん」と読みます。
毎週土曜日の23時~+不定期で30分、ニコニコ動画で生放送中。
コミュニティはこちら(オープン放送なので、コミュニティに参加していなくてもご覧いただけます)
http://com.nicovideo.jp/community/co1418222?mypage_nicorepo
(別途、ニコニコ動画のアカウントへログインが必要です)
カウンター
フリーエリア2
姉さんに恋をして、姉さんも恋をして、姉さんと恋をした。 アステリズム 応援中!

今年の本命三本の一角!
どういう姉さんになるか、楽しみです!


はつドラ合同バナーキャンペーン開催中

当サイトはドラクリの稲叢莉音(いなむらりお)、はつゆきさくらの東雲希(しののめのぞむ)を全身全霊全力で応援しています!


チュアブルソフト連載バナー

水戸のメーカー・チュアブルソフトさんの連載バナー
随時変わっていくとのこと。




第一話には地元が登場……なので
おいでませ、ぽっての育った横須賀!



『Kitaca(JR北海道のICカード)』のキャラクター、エゾモモンガ。
貴方のブラウザまで遊びに行きますので、遊んであげて下さいね!
フリーエリア
ゆずソフト最新作『のーぶる☆わーくす』今冬発売予定

庶民派・国広ひなたが大好き!


萌酒「とむりえ」


当サイトは日本酒と日本酒にまつわる文化を応援しています。

日本酒は日本の心!

最新コメント
[12/02 さ]
[12/01 トゥルペ]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
Copyright ©  徒然なるまま散策記 All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]